食生活の改善で背中ニキビ解消!

顔に発生するニキビには、食生活が大きな原因になっているということは、よく知られていますよね。
甘い物や脂っこいもの、刺激物を食べ過ぎてしまうと、どうしてもニキビができやすい状態になってしまいます。

 

そんな食生活は、実は背中ニキビの原因にもなるのです。

 

糖分・油分の摂り過ぎ

糖分や油分を摂り過ぎると余分な皮脂が分泌され、毛穴が詰まりやすくなってしまいます。
これは、顔だけに限った症状ではなく、背中の毛穴に対しても現れる困った症状です。

 

甘い物や脂っこいものは、全身のニキビケアのために、できるだけ控えるようにしたいですね。

 

肉類中心のメニュー

肉類は脂質を多く含んでおり、食べ過ぎると毛穴詰まりの原因になってしまいます。
適量を守り、食べ過ぎないようにしましょう。

 

また、肉類に偏ったご飯だけを食べるのではなく、野菜もたっぷり食べるようにしましょう。
良質な油を含む魚を中心にすることも有効ですね。

 

しっかり摂りたい栄養素

背中のニキビに対策するためには、控えたい食べ物があるのと同時に、積極的に摂りたい栄養素もあります。
まず、ビタミンC。
ビタミンCには抗炎症作用があるので、ニキビを効率よく治癒させるために、積極的に摂取しましょう。

 

ビタミンCは熱に弱いので、生の果物や生野菜から摂るようにすると良いですね。
また、じゃがいものビタミンCはでんぷんに守られ、壊れにくいと言われています。
加熱して食べるなら、じゃがいもがオススメです。

 

それから、卵や牛乳、かぼちゃなどに多く含まれるビタミンAは、毛穴がふさがるのを防いでくれる栄養素。
これも積極的に摂取したいですね。

 

また、ビタミンB2とB6も皮脂の代謝に関係しているので、ニキビケアのためには大切な栄養素です。
貝類やレバー、牛乳、大豆食品などに多く含まれているので、意識して摂取してみましょう。

 

油分の少ないあっさりとした和食の献立には、野菜も多く、背中ニキビのケアにはピッタリだと言えます。
和食中心のご飯を心がけて、背中ニキビを内面からケアしていくことも大切ですね!