背中のニキビ、毎日の洗い方が原因!?

背中という部分は、顔に次いでニキビができやすい部分ですよね。
そんな背中のニキビには、様々な原因があることが知られています。

 

その中でも、特に大きな影響を与えていると考えられるのが、「清潔にするため」の毎日の働きかけです。

 

ナイロンタオルでゴシゴシ

ナイロンタオルを使って、背中をゴシゴシと洗ってしまっている方は多いのではないでしょうか?
ですが、ナイロンタオルは肌に刺激が強く、背中の肌に無数の傷を付けてしまいます。
すると、背中の肌はバリア機能が低下した状態となり、ニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなるのです。

 

背中の洗浄は、よく泡立てた洗浄料を使い、手の平を使って優しく行うのが理想です。
手が届かない部分に関しては、綿素材の優しいタオルを使ったり、柔らかいブラシなどを用いて優しく行うと良いですね。

 

すすぎ残しはNG!

また、背中を洗う際に特に気を付けなければならないのは、洗浄料のすすぎ残しです。
洗浄料が肌に残った状態になると、刺激となり、様々な肌トラブルの原因になります。

 

そして、背中の場合、もう1つ気になるポイントがあります。
それは、シャンプーやコンディショナー、トリートメントなどのすすぎ残しです。

 

髪が長い女性の場合、シャンプー等の成分が背中に残ってしまいやすく、これが毛穴を詰まらせ、ニキビの大きな原因になってしまいます。
特に、シリコンを配合したヘアケア商品は、そのシリコンが毛穴を詰まらせてしまう要因となりやすいので、注意しましょう。

 

背中ニキビ予防のためには、とにかくすすぎの徹底が大切です。
また、シャンプー類をノンシリコンに変えるということも、背中ニキビ改善方法の1つだと言えますね。

 

背中ニキビケアは清潔+保湿で!

背中のニキビをケアする方法は、基本的には顔のニキビと同じです。
毛穴の汚れまでしっかり清潔にして、その後、きっちり保湿ケアをする。
これで、ニキビの原因を取り除きながら、ニキビができにくい強い肌を育むことができます。

 

毎日、優しく丁寧に洗浄し、その後、背中専用の高保湿コスメ「ジュエルレイン」を用いてしっかり保湿ケアを行いましょう!